ショッピング枠現金化方法

HOME » ショッピング枠活用ガイド » ショッピング枠現金化方法

ショッピング枠現金化方法

キャッシング枠を使い切ってしまった、カードローンが利用上限金額に達してしまった、しかしどうしても現金が必要である、そんなときに用いられる手段の一つが「ショッピング枠現金化」です。
最近はその認知度がかなり高まってきている手段でもありますので、やってみようかなあと考えたことのある人も多いでしょう。
今回はショッピング現金化の、具体的な現金化方法について解説します。

ショッピング枠の現金化方法は、大別すると二通りあります。
自分で現金化するか、業者に任せるか、です。

まず自分で現金化する場合、その手段は主に「転売」となります。
ショッピング枠で買い物をして、購入した商品を販売し現金を手にすれば、現金化が成立しますよね。
この現金化方法のメリットは、換金率に天井がないことです。
上手く転売することができれば、100パーセントを超える換金率を実現することも可能でしょう。
デメリットは換金率が安定しないこと、やり方によっては違法行為となることです。
転売そのものが無資格者による営業を認められていない行為ですので、繰り返し行うと営業性があると認められ、違法行為になる可能性があります。
ちなみに古物商の有資格者であれば転売による営業が可能であり、その資格は比較的簡単に取得できますが、ショッピング枠現金化そのものがカード会社の利用規約に反している行為なので、実際にショッピング枠現金化で営業することはおすすめしません。

次に業者に任せる場合ですが、これは基本的に業者の指示通りに行動することになります。
業者によってどのような方法で現金化するかかなり違ってきます。
転売をサポートするような業者もありますし、低価格な商品に付加価値を付けて現金化する業者もあります。
いろいろと業者によって違う部分が多いのです。

いずれにしてもショッピング枠現金化はカード利用規約違反であることに変わりありません。
実行する際は現金化方法に関わらず、全て自己責任で行ってください。