ショッピング枠現金化とカードのしくみ

HOME » ショッピング枠活用ガイド » ショッピング枠現金化とカードのしくみ

ショッピング枠現金化とカードのしくみ

ショッピング枠現金化を行う際には、カード利用規約に反すると言う倫理的な問題がありますよね。
カード決済を行うわけですので、負債が増えると言う事実も忘れてはならない注意点になります。
この二つの注意点はショッピング枠現金化を行ううえで最大の注意点となるポイントですが、それに次いで重要となるポイントがもう一つ存在しています。
それが「カードのしくみについて理解しておくべき」というポイントです。
なぜカードのしくみを理解する必要性があるのか、その理由は、「理解していないとそもそもショッピング枠現金化を行うことが不可能となる可能性があるから」です。

では実際に理解しておくべきカードのしくみとは、どのような部分になるのでしょうか?
答えは「枠」についてです。
クレジットカードには、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があります。
このショッピング枠とキャッシング枠について、その存在は知っているという人は多いでしょう。
しかし、その多くが、ショッピング枠とキャッシング枠をそれぞれ別の枠として認識してしまっているのです。

実際、ショッピング枠とキャッシング枠とが全くの別枠として設定されているカード会社も存在していますので、それが絶対に間違いとは断言できません。
しかしそのようなカード会社は稀であり、一般的なカード会社の多くは「ショッピング枠の一部がキャッシング枠」として設定されているのです。

具体的に言うと、50万円のショッピング枠、20万円のキャッシング枠だった場合、キャッシングで20万円使ったら、カード決済で利用可能なのは30万円となります。
トータルで利用可能なのは70万円ではなく、50万円なのです。
つまり、ショッピング枠というのは一般的なカード会社において、総利用額とほぼ同義なのです。
これを完全に別枠であると認識してしまっていると、「キャッシングで20万円使ったけど、カード決済は一度も行っていないから、50万円はショッピング枠現金化に利用できる」と間違ってしまう可能性があります。
「そもそも何円分ショッピング枠現金化に利用可能なのか」という基本的な部分でつまづいてしまう可能性が出てくるのです。