ショッピング枠の分割払い

HOME » ショッピング枠活用ガイド » ショッピング枠の分割払い

ショッピング枠の分割払い

ショッピング枠を利用して分割払いで支払いを行う際には、いくつかの選択肢があります。
今回はその選択肢、つまり分割払いの種類についての解説です。

まず一つ目は、通常の分割払いです。
2回払い、3回払い、といったように、複数回に分けて元本を返済します。
メリットはやはり、一回の引き落とし額が減額するので月の負担が軽減されることでしょう。
デメリットは返済期間が長くなるだけ金利が発生し最終的な支払額が高額になることです。
返済計画が立てにくくなるのもデメリットの一つと言えるでしょう。

二つ目はリボ払いです。
最近は非常に多くの人がこのリボ払いを利用しています。
メリットは毎月の支払額が一定なので負担が軽減できること、入出金の管理がしやすいことです。
デメリットは通常の分割払いと同じく、支払回数が増えるほどに金利が高くなることでしょう。
カード会社によっては元本が高額になると毎月の設定額が増額されることもあります。
あまりにも便利すぎて自分の支払い能力を超えるほどの利用額に達していることに気が付かないケースもありますので、これもメリットであると同時にデメリットである部分です。

では実際に、ショッピング枠でカード決済した場合、通常の分割払いとリボ払いのどちらを選択するべきなのでしょうか?
これは生活スタイルによる部分が大きいので一概には言えませんが、利用額がそこまで高額でない場合は通常の分割払いがおすすめです。
逆にかなり高額だと判断できる場合には、リボ払いが良いでしょう。
借金は早めに返済した方が金利は安く済むのが原則です。
つまり一括払いがもっともお得な支払方法なのです。
しかしそれができないのであれば、まずは可能な限り返済期間を短縮することを考えるのがおすすめとなります。
その際の返済による負担がそこまで大きくないのであれば、2回払い、3回払いなどで済ませる方が良いでしょう。
しかしそれだと負担が大きすぎる、と言う場合には、リボ払いにボーナス併用などを検討しながら返済計画を立てるようにしましょう。