ショッピング枠のリボ払い

HOME » ショッピング枠活用ガイド » ショッピング枠のリボ払い

ショッピング枠のリボ払い

クレジットカードのショッピング枠を利用してカード決済を行う際に「リボ払い」を選択する人が、近年増加中です。
しかしどうしてリボ払いを選択する人が増えているのでしょうか。
そもそもリボ払いとはどういう支払方法なのでしょうか。
今回はそういったリボ払いの基本的な部分と注意点を解説します。

簡単に言うと、リボ払いというのは「毎月同じ金額を返済する支払方法」となります。
たとえば今月、あなたが4万円の買い物をショッピング枠のカード決済を利用して行ったとします。
しかし、リボ払いの返済金額を2万円としておけば、支払い月に引き落とされるのは2万円のみです。
2か月の支払い期間で4万円を完済することになります。
4万円の買い物をした次の月にさらに4万円の買い物をしたとしても、毎月の支払は2万円のみです。
負債となる合計8万円を、2万円ずつ、4カ月かけて支払うことになります。

このリボ払いのメリットは、なんといっても「支払い計画が立てやすい」というポイントになります。
毎月2万円と決まっていれば、その金額をとりあえず用意しておけば良いだけなので、簡単ですよね。
しかしこの簡単さが、逆に注意点なのです。
毎月2万円で良いから、といって安易にカードを使いすぎると、元本返済額がどんどん増えていってしまいます。
その分金利も高くなりますので、返済効率が低下し、いつになっても元本が減らないという事態になりかねないのです。
実際にその便利さに取りつかれて、気が付いたら元本が非常に高額になっていた、と言う例は少なくありません。

リボ払いというのは、非常に便利な支払方法であることには間違いありません。
上手に利用すれば、困ったときの一助となるでしょう。
しかし無計画に使いすぎた場合は、自分の首を絞めることになるのは他の支払い方法と何ら変わらないのです。
クレジットカードを利用する以上、どのような支払方法であれ、計画性が何よりも重要になるのです。
リボ払いだからと言って油断せずに、しっかりと返済計画を立てながら利用してください。